赤穂あらなみ塩

赤穂あらなみ塩

店舗価格:140円(税込)

ネット価格:140円(税込)

  • Yahoo!ショッピング「ひょうごの特産品」
  • オフィシャルサイト

地域らしさと創意工夫

兵庫県の播州赤穂は、古くから塩を造り、塩の町として全国に知られています。その塩は赤穂市の港町坂越から北前船で塩を全国に船で送って、赤穂の塩が全国に塩を商ったという歴史があり、そのことは今年日本遺産に認定されました。塩の生産は専売政策の下、1970年代に流下式製塩法からイオン交換式の塩に転換されました。それに伴い精製された塩より、旧製法の塩の良さ(にがりなどの雑味)が見直されるようになりました。そこで、旧製法の塩の良さを再現すべく、赤穂あらなみ塩が創られました。40年前のことです。出来た塩は、にがりを含んだ、まろやかなあら塩です。その後全国に定着していきました。最近になり赤穂あらなみ塩を更に調べてみると、食塩や他のあら塩とあきらかな違いを持つものでした。その一つは、素材の付着しやすさです。赤穂あらなみ塩は、とても良く食材に付着します。他のあら塩と比べて比較テストを実施したところはっきりした違いが出ます。付着が良いという事は、焼き魚をする際も、しっかり塩が効くという良さがあります。また、梅干しを漬ける時もしっかり付くので梅酢が出て美味しく漬かります。その付着の良さから、形をつくりやすく、とても崩れにくいあら塩という特性を持ちます。塩釜で魚や肉を焼く時に卵白など入れなくても簡単に成型出来るので、とても便利です。また、盛り塩を造る時に、型に入れるだけで、とても簡単にできます。粒も大きいので、塩にぎりをしても、数時間表面にあら塩が効いており、美味しい塩にぎりを楽しむことが出来ます。もちろん、まろやかな味のお塩です。

製造・販売元

赤穂あらなみ塩株式会社
赤穂市