黒田庄和牛 牛めし

黒田庄和牛 牛めし

店舗価格:300g 950円(税込)

  • オフィシャルサイト

地域らしさ

播州と丹波の境、西脇市黒田庄町。加古川が町の中心を流れる田園地帯で、神戸ビーフの素牛「黒田庄和牛」は育てられています。そんな和牛を使って、産地が自慢できる美味しいものを作りたいとの思いで、いつでもどこでもお召し上がりいただけるものをと考え、お弁当にしてみました。昔から播州地方では、ハレの日のごちそうと言えばすき焼きでした。そんななつかしい味付けで、手土産にしても喜ばれるものに仕上げてみました。

創意工夫

黒田庄和牛の旨みを際立たせる為に、シンプルな内容にしました。牛肉は黒田庄和牛のみを使用し、JAみのり特産センターから常時同じ品質のものを仕入れています。すき焼きを作る手順で一枚一枚ていねいに焼いたものを煮込みます。タレは玉ネギ(地元産・淡路産)本来の甘さを生かした、くどくない味付けにしました。つぎ足しつぎ足し、和牛の旨味が凝縮されたものになっています。何度食べても飽きない、そしてなんとなくなつかしい味がするものに仕上げました。

製造・販売元

けんしん亭
西脇市