瓦せんべい

瓦せんべい

店舗価格:27枚入 1,188円(税込)

ネット価格:27枚入 1,188円(税込)

  • オフィシャルサイト

地域らしさ

明治6年、神戸港が開港されてまだ間もない頃、初代松井佐助が当時は高級品であった“小麦粉、砂糖、卵”を使った「瓦せんべい」を考案しました。神戸で考案された初めての洋菓子である「瓦せんべい」は瞬く間に神戸銘菓として全国に広がりました。「クッキー」ではなく「瓦せんべい」が広がった背景としては「バターを使用していない」という背景があります。明治初期の日本人にはバターを使用した洋菓子に慣れない人が多くいました。そこで、バターを使用していない洋風の和菓子である「瓦せんべい」を一つのステップに神戸で洋菓子が広がったと言われています。まさに、「瓦せんべい」は神戸スイーツの原点となったお菓子なのです。

創意工夫

140年間愛され続ける「瓦せんべい」の味を支えるのは、手作りにこだわる職人の技術です。職人は、四季の中で変わり続ける気候条件の中、常にベストな状態の商品を作り続けます。時代に合わせて、一部の行程に機械を導入してはいるものの、生地作りから焼成、包装にまで、全ての行程に人の手が入ります。常に同じ物を作り続けるのではなく、より良い物を作り続ける。それこそが、亀井堂總本店の140年の伝統の原点です。

製造・販売元

(株)亀井堂總本店
神戸市中央区