いざなぎ絲 50g×4束

いざなぎ絲 50g×4束

店舗価格:200g 864円(税込)

地域らしさ

かつて、淡路島手延べそうめんの極細そうめんは、主に三輪素麺に名を変え、料亭などに使われる最高級品として消費されてきました。他産地ではつくれない繊細さと美しい極細のそうめんは長年伝えられてきた淡路島手延べそうめんの技術の結晶です。ところが2001年の三輪素麺産地問題により、需要は激減し、熟練の職人と技術だけが淡路島に残りました。その状況を憂い、淡路島手延べそうめんの技術を結集し、「いざなぎ絲」が生まれました。極寒期に2日間かけてつくり、土蔵倉庫で約18ヶ月間熟成期間を経てお客様にお届けします。麺線の太さが、0.4〜0.5㎜、茹で時間は約30秒。繊細で上品な味わいです。

創意工夫

「いざなぎ絲」は、麺線が極めて細いため麺を延ばしては、熟成する作業を何度も繰り返し細く仕上げていきます。管(くだ)に、麺を8の字にかけた時点では、約15cm幅の麺を、約240㎝まで、時間をかけ延ばしていきます。現在は、4名の職人しかつくることが出来ず、また、1月〜2月の一番気温が下がる時期にしかつくることが出来ません。時間と繊細さが要求される職人の仕事です。

製造・販売元

(有)金山製麺
南あわじ市